HOME




《主な行事予定》

☐研修 ☐英会話 ☐日本語講座 ☐無料相談 
☐文化講座

📍📍【受講者へのお知らせ】

❖日本語講座は毎週ありますが、不参加の時は、前日までに連絡下さい。
❖日本語レベル、初めは、N4を目指しましょう
[Notice to students]
❖There are Japanese courses every week, but if you do not attend, please contact us the day before.
❖Japanese level, let's aim at N4 at first


【取扱業務】

主業務=外国人在留許可、会社、相続


【業務の基本的な流れ】

1 お問い合わせ    電話、FAX、お問い合わせフォームで‼。
           内容を確認後、ご相談の日時・場所の決定。
2 打合せ      要件の確認・ご相談・お見積り(御見積書の提示)
3 ご契約      契約書を交わす場合もございます。
4 お支払い     費用のお支払いをお願い致します。(着手金又は前金制の時)
5 業務開始     入金確認後、業務に着手。
6 経過報告     業務の進行状況のご連絡。
7 お支払い     残金又は後払いの時
  業務完了     業務が完了後のご報告。
8 アフターケア   ご要望により更なるアフターケアサービスをご提供します。
           基本的な許可更新などのご連絡は無料です。 


【行政書士について】

1.行政書士とは(Administrative scrivener)総務省管轄の国家資格であり、根拠法令は行政書士法によります。行政書士とは、行政書士法に基づき、他人の依頼を受け報酬を得て官公署(省庁、都道府県、市町村、警察署、保健所その他の行政機関等)に提出する書類(電磁的記録を含む)及び権利義務・事実証明に関する書類作成、提出を代理し、当該書類作成に伴う相談に応ずることを業とする国家資格者です  


※行政書士法第1条(目的)
「この法律は、行政書士の制度を定め、その業務の適正を図ることにより、行政に関する手続の円滑な実施に寄与し、あわせて、国民の利便性に寄与することを目的とする。」  
2,行政書士は、官公署への手続きや権利義務、事実証明関係書類等に関する法律と実務の専門家です.


権利義務に関する書類

とは,権利の発生、存続、変更、消滅の効果を生じさせることを目的とする意思表示を内容とする書類をいいます。


事実証明に関する書類

とは,実生活に交渉を有する事項を証明するに足りる文書をいいます。

つまり、下記項目は出来ません。

・他の法律(弁護士法、税理士法、司法書士法等の士業関係の法律)において制限されている(行政書士法第1条の2)
・事案がすでに調停や訴訟等の争訟事件化している又、相手との交渉(=既にもめている状態であり、弁護士業務の範疇)
・公序良俗違反である
・行政書士業務以外である
・行政書士法に抵触している
・不適切である等です。   

   

 ただし、 行政書士は、税務に関しては、不動産取得税や事業所税に関する申告などを行うことができます(税理士法51条の2、同施行令14条の2)

【申請取次行政書士について】


【個人情報保護方針】  

お客様の個人情報は、個人情報保護法に基づき、また、行政書士法の守秘義務(※)に基づき、守られますので、ご安心下さり、お気軽にご相談下さい。


1個人情報の管理

弊所は、お客さまの個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などに対し防止措置を講じ、個人情報の厳重な管理を行ないます。


2個人情報の利用目的

お客さまの個人情報は、弊所からのご連絡・ご質問に際し利用いたします。


3個人情報の第三者への開示・提供の禁止

弊所は、下記を除き、個人情報を第三者に開示・提供等いたしません。
①お客さまの同意がある時 

②法令に基づき開示することが必要である時


4ご本人照会

お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望時には、ご本人確認の後、対応させていただきます。

※お客様の個人情報に関しましては、ご本人の御同意がなく利用・停止など行えば、民法709条の不法行為及び個人情報保護法違反に当たりますが、業務の適正なる遂行に支障をきたす恐れがある場合においては、この限りではありません。

勿論、その場合には、お客様とのご相談のうえでの遂行であります。


5法令の遵守・見直し

弊所は、法令の遵守を基に業務の遂行を行い、本個人情報保護方針の内容の見直しを適時行います。


※行政書士法第12条(秘密を守る義務)
「行政書士は、正当な理由がなくその業務上取り扱った事項について知りえた秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなった後も、また同様とする。」


★サイトポリシーについて

当サイトご利用に関しては、信義誠実の基にご利用くださいますようお願いします。
ご利用に際しては、それに同意されたものとみなします。
同意しない場合においては、ご利用をおやめください。
当サイト掲載の写真は、amebaownd以外は、すべて、所長個人の所有物であります個人的に楽しむためだけのダウンロードなどは構いません。
その時は、当方への確認を行ってください。
ただし、たとえ、個人的趣味においても、多数閲覧可能な場所での、掲示はおやめください。あくまでも個人所有だけにお留め下さい。(過去の実例より)
コンテンツは、予告なく変更、移転、削除等を行うものとします。


★免責事項

当サイト掲載の情報は、正確なる情報の掲載を行うように努めておりますが、誤りなどがあった場合でも、これにより発生したいかなる損失や損害についても、弊所は責任を負うことはできません。


特記事項

当サイトが被った権利侵害に関わる紛争が生じた場合は、日本法を準拠法と定め、かかる紛争に関しては、岐阜地方裁判所を第1審の専属的管轄裁判所とします。


【事務所概要】

【事務所】

事務所 :         岐阜県岐阜市日野4-6-2.9
Tel/Fax  :       058-241-3583
所属 :            日本行政書士会連合会
           岐阜県行政書士会
           岐阜県行政書士会   岐阜支部
資格:             行政書士 申請取次行政書士   
サイト:        行政書士 井原法務事務所     
           車庫証明岐阜中央オフィス      
営業時間:      営業日:月~土   9:00~19:00
         休 日:日・祝日     ご予約により休日も対応致します

経営理念     信義誠実の原則(信義則)の基においてことを行う
                               日々の問題をお客様と一緒に解決策を考えていく
                               地域に根差した士業をめざしています。

趣味 :               登山(東海単独行登山会SKY-HI主幹)
                        読書・古寺古町散策・絵画(特に日本画、川合玉堂が好き)


まだ記事がありません。



HOME       国際業務  管理会計  許認可  予防法務  料金表  FAQ  BLOG

岐阜市日野東4-6-29
行政書士 井原法務事務所
058-241-3583