Q申請取次行政書士とは何ですか?他の行政書士とどう違いますか?

Q申請取次行政書士とは何ですか?他の行政書士とどう違いますか?

A.

①外国人の入管在留の手続きは、本人が出頭して申請します。

この取次ぎを代行して行う場合を「申請取次」と言い、弁護士・行政書士・日本語学校職員・外国人を雇う会社等が申請取次の資格を持っていればできます。
一般に「行政書士」という場合も、それらの書類を代理で作成ができますが、申請書の作成だけであって、出頭するのは本人がしなければなりません。

その時に、「申請取次行政書士」者であれば、本人に代わって、入管窓口に行って申請できます。     

申請者本人が、時間がない時や、代わって書類作成から申請までやってほしい時に便利です。 

➁「申請取次行政書士」になるには・・・

⑴行政書士として登録しているものが、
⑵申請取次の研修を受講して試験を受けます。
⑶合格後、法務大臣から認可され、資格を得ます。


③申請取次行政書士の取扱い業務は以下の通りですが、「帰化」だけは、本人出頭です。帰化は、法務省で扱います。


・在留資格認定証明書の交付        
・在留資格の取得     
・在留資格の変更 
・資格外活動の許可
・再入国の許可                 
・就労資格証明書の交付
・在留期間の更新
・在留資格の取得又は変更による永住許可 


al&la  行政書士 井原法務事務所

予防法務は転ばぬ先の杖 貴方の未来作りのお手伝い Administrative scrivener(行政書士) Immigration Lawyer(申請取次行政書士) Approval and License & Legal Affairs Office(許認可と法務の事務所)

行政書士 井原法務事務所
TEL/FAX 058-241-3583